1

シミを薄くしたけりゃ肌ケアをサボれ?! 秘密はTVで話題のある菌だった…!

10,694 views

PR:メディアハーツ



年々刻々と深刻になっていくシミの悩み…
「日焼け止めもシミ対策も頑張っているのになんで!?」




そう思っている人だけ、この先は読んでください。



私自身も、そう思っている1人だったんです。


でも、たまたま見たNHK番組の『ためしてガッテン』で知ったある菌
1ヶ月試したことで肌が劇的に変わりました!

私、1ヶ月前まで目の横に大きなシミがあったんです
分かりますか?

今までじっくり時間をかけていたスキンケアを辞めたにも関わらず、
こんなに目元のシミが目立たなくなったんです!


image10
(画像出典:and beauty


この「ある菌」を活用する方法、調べてみると
NHKをはじめ、様々なTVや雑誌で取り上げられているだけでなく

美魔女コンテストグランプリの小宮山順子さん(41歳・右)
美容家青木梨奈さん(41歳・左)

も愛用しています。

image23

さらに、医学誌にも取り上げられた実績もあるほど、その実力が今注目されているんです!
image8
(2018年11月号掲載)



スキンケアをサボって、ある菌に頼った方がシミが薄くなる!?


毎日忙しい中、朝も夜もコツコツ頑張っているスキンケア。
頑張ることをやめた人たちの肌の変化がこちら!!



▼42歳の私が1ヶ月で20代に間違われるほどシミが目立たなくなった
image11
諦めていたシミもこんなに目立たなくなったんです!
甥っ子に「魔女みたい」と言われた42歳の私が、
たった1ヶ月で20代に間違われるほどの美肌を取り戻すことができたんですよ!!

出典:BeautyStyle
※個人の感想であり、効果には個人差があります




▼30日目、陶器肌に近づいてきてます!
image17
肌のキメが整って憧れの陶器肌に近づいています!
小じわや毛穴が目立たなくなったのは肌の水分量が増えたからだと思います。
さらに驚きなのは頬や鼻頭に残っていたシミがキレイになったことです。

出典:shabon
※個人の感想であり、効果には個人差があります




image21
ハリ、ツヤ、透明感が実感出来ました!

※個人の感想であり、効果には個人差があります



みなさん、シミに悩んでいたなんて嘘みたい!!

これが、スキンケアを頑張ることをやめて、ある菌を試した結果なんです!

シミなし肌になるカギは、『美肌菌』を増やすこと


こんな結果を出せた秘訣は・・・

『美肌菌』という菌にありました。

image24

この『美肌菌』、何者かというと
私たちの肌に赤ちゃんの頃から存在する菌の一つ。

この美肌菌が多いほど、
新陳代謝(=ターンオーバー)の良い肌になれるんです!
image5
(画像出典:ハイチオール


新陳代謝が良くなることで、
・シミの原因であるメラニンを溜め込まない
・シミが定着した肌細胞を押し出す働きが活発になる

今あるシミにも、未来のシミにも効果的!


これが美肌菌の凄さです。


さらに、美肌菌は
肌表面の汗や皮脂をエサにして、
天然の保湿成分(グリセリン)を生み出してくれる
働きをします


image1

グリセリンは美容パックなどにも含まれていることで有名。

つまり、美肌菌が多く存在する肌ほど、
24時間お肌を美容パックしている状態に近づけることができる
んです!

このパックはバリア機能も兼ね備えているので、
シミの原因となる紫外線からも肌を守ってくれます!!

将来のシミの原因をここでも減らしてくれるというわけです。
image16
肌に住んでいる美肌菌が、
24時間、シミを目立たなくするために働いてくれるなんて嬉しすぎますね♪


ただし!
この私たちの肌に住んでいる美肌菌にはひとつだけ欠点があります。




〈衝撃〉洗顔やスキンケアで「美肌菌」が減少する?!


毎日頑張っている日々のスキンケアを一歩間違うと、
美肌菌が減ってしまうことに繋がる
んです。

2つ原因があります。

美肌菌が減ってしまう原因①
洗顔と化粧水に含まれている化学成分である『界面活性剤』



洗顔料には皮脂を洗い流すため、
化粧水には肌の内部に浸透させるために、
「界面活性剤」が含まれていることが多いんです。

この界面活性剤のパワーが強すぎるあまりに、
美肌菌がせっせと作ってくれているパック(=バリア)を壊してしまうんです…
image13

肌の表面のパックがなくなったことで、肌に住んでいる美肌菌まで流れ出てしまうというわけです。




美肌菌が減ってしまう原因②
お肌の過度なケア

界面活性剤だけでなく、肌を触りすぎる過度な洗顔やスキンケアでも、肌表面に傷が付き、美肌菌を失ってしまう原因になるんです

年齢を重ねると、悩みが増え、美容液やクリームなどどんどんスキンケア品が増えていっていませんか?

その肌への過度なスキンケアこそが、美肌菌を減らしてしまう可能性があるんです!
さらに、肌は摩擦に弱いため、お肌の触りすぎは新たなシミを作る行為にもなってしまうんです。

image9
つまり…
ケアは、シンプルに!肌に負担をかけないことが、「美肌菌」を増やすコツだったんです!


今までコツコツとスキンケアを頑張ってきたお肌であればあるほど、
きっと美肌菌が少ない状態になってしまっているはず…


「え…じゃあもう美肌菌は減ったまま…!?」
と思いますよね。


『美肌菌』は何歳からでも増やす=育菌することができる!


…朗報です!
美肌菌は、減っていくばかりではないんです!

たとえ、何歳になっても「美肌菌」は肌に補うことができ
さらに、育菌して増やしていくことが可能なんです。

あるTV番組では、2週間で1.5倍に美肌菌が増えた!という方もいたほど。

『美肌菌』を補うことができて『育菌』もできれば、
シミを薄くしていきながら
24時間、365日パックをしている夢のような状態…!
image14

そんな美肌菌を増やす、今注目の”美肌菌”コスメがあるのを知っていますか?

それが、今回私も救われた
『ナノクリア』というオールインワン乳液です。

image7

トロッと濃厚な使い心地


伸びがよくてベタつかず、スーッと馴染んで行く感じがします!




このナノクリア、
あのプレミアムモルツと同じ、
モンドセレクションの最高金賞
2年連続受賞した実績もあるほど、
世界の専門家たちに認められた乳液なんです。

image12

さらに、楽天のセールスランキングでも1位を獲得!
image22

今、売れに売れている話題の美肌菌コスメです。


効率的に美肌菌を増やしてくれるナノクリアの秘密とは?


▼ここがスゴい①

ナノクリア1本に、
美肌菌が2億5000万個も入っている!

image6

これだけの数があれば、美肌菌は十分肌に行き渡ってくれることが期待できます!


▼ここがスゴい②
特許取得の浸透方法を採用!


界面活性剤を使うと、美肌菌が逃げてしまうためNG!
ただ、界面活性剤を使わないデメリットは「浸透力」が弱まってしまう点。

ナノクリアはなんと、美肌菌を守ることも、浸透力も、
どちらも叶えてしまったんです!

それが、「ラメラブースター処方」という化学成分を使わない新しい技術
image18
この浸透方法は、東洋新薬と神奈川大学の研究の元開発された
特許技術なんです!

この方法によって、肌を傷つけることなく、美肌菌を肌内部へしっかりと浸透させることに成功したんです。

image20

しかも、ナノクリアはオールインワンなので、
何度も肌に触れる必要がないため、美肌菌を失うリスクも最小限!



このナノクリアが今だけ980円で試せる!?


「美肌菌」たっぷりのナノクリアが
なんと今だけお得なキャンペーンを実施しています!

通常価格7,000円が86%オフ
980円で試せるチャンスです!!

image2

さすが、話題の美肌菌コスメなので
正規価格はお値段も立派です。

だからこそ、「美肌菌試してみたい」と思ったのであれば、
このキャンペーン中が狙い目。


正規価格7000円


↓↓↓

本日キャンペーンを適用すれば
たった980円 (税抜)!!

送料や手数料はもちろん無料。
2回目も買わないといけない…という縛りもありません!


さらに後払いもOK!
image3
商品が届いてから、コンビニや郵便局などで支払いが可能なので、安心して購入できます。

しかし、このナノクリア、今注目されているだけあって、
かなり品薄状態が続いているみたいです。

image4
特許を持った浸透技術で1本1本人の手を通しているため
製造が追いつかないんだとか…。

前回も実際にこんな人が・・・






数時間後には買えない…なんてことも十分に考えられるので、
少しでも興味がある方は、キャンペーンを実施しているうちが狙い目です!




追伸


シミがあると、毎晩毎朝、鏡を見て落ち込みますよね。

そんな頑固なシミをメイクで誤魔化す毎日…。

これを卒業すると、本当に気持ちが変わります!

本当に980円なのが驚きです。
明日のランチをちょっと我慢したら、今まで悩んできた頑固なシミが…

1日たったの32円でシミなし肌ケアができるのは、奇跡です。


試さないと損だと思いませんか?



このリンクが飛べたら、まだキャンペーンは実施中です!

美肌菌パワーを使って、毎日のケアを少し我慢して
シミひとつないキレイな肌を目指しませんか?






この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったらいいね!しよう

MINTの最新記事をお届けします



TOPに戻る